制震システムを導入したい・費用の相場はどのくらいかについて解説

日本はどこでも大きな地震が起こりえます。そこで震災クラスの地震が起きても住宅が持ちこたえられるように、制震システムを導入したいと思っていませんか?ここでは制震システムを導入するにあたって、どのくらい費用が掛かるかについてまとめました。

アプローチによって費用は異なる

外壁解体する場合

制震リフォームの費用は、どこから取り掛かるかによって変わってきます。外壁を解体して制震ダンパーを取り付ける場合、外壁リフォームが150万円程度、ダンパーの設置費用が50万円程度で合計200万円前後が相場です。

内壁解体する場合

一方内壁を解体してダンパーを取り付ける場合、内装の解体費やリフォーム、ダンパーの設置費用などを合計すると70万円からが相場です。このようにしてみると、内壁から工事をした方が費用を安く抑えられる可能性は高いです。

ケースバイケースである

建物の大きさや壁材によって変わる

上で紹介した費用はあくまでも目安です。建物の大きさやリフォーム時に使用する壁材などによっても料金は大きく変わります。また建物によっては、補強工事が必要なケースも出てきます。そうなると追加費用が必要です。工事に取り掛かる前に見積もりを出してくれるはずです。その内容を見て正式に依頼するかどうか決めましょう。

すべての建物に設置できるわけではない

制震リフォームはどこでも基本大丈夫

制震リフォームはできる住宅とできない住宅とがあります。こちらの工法は、建物に制震壁やダンパーを設置します。この時ダンパーにかかる力を支えるのにたる梁や柱にするために補強工事を実施します。ただし木造建築であれば、基本的にどのような建物でも工事は行えます。似たような工事に耐震リフォームがありますが、こちらも木造建築であれば施工可能です。

地盤によって免振リフォームはだめな場合も

一方免振リフォームの場合、安定した地盤でないと工事できません。液状化の危険性のある地盤の場合、建物が歪んでしまって、最悪倒壊する恐れもあるからです。まずは地盤調査を依頼する必要があります。

まとめ

制震リフォームをする場合、少なく見積もっても数十万、多くは100万円を超える工事になると考えたほうがいいです。これだけのまとまった金額を出す以上、後悔のないように慎重に依頼する業者を見つけましょう。そのためには、複数の業者に見積もりを取るのも一考です。見積もりの内容や金額を見て、どこにお願いするか決めるといいでしょう。上で紹介した相場よりも高すぎる、逆に低すぎる業者があれば、遺体するのは避けたほうが賢明です。またほかのリフォームと組み合わせて、より心地よい住宅づくりに努めてみてはいかがですか?